top of page

BIOGRAPHY

榎田まさし ピアニスト

 

1986年、日本で最も星が美しいといわれる宮崎県小林市で生まれる。

5歳よりピアノをはじめ、中学校時代はアスリート(駅伝選手)として活躍。

大分県立芸術緑丘高等学校、愛知県立芸術大学を卒業。
2012年、愛知県立芸術大学大学院を修了。

「最優秀修了生の共演」に出演。

​カリフォルニア大学ロサンゼルス校にてヴィタリー・マルグリス氏の

マスタークラスを受講。在学中より、ポーランド、イタリアやアジア各地でソロや室内楽、レコーディングなどの演奏活動を続けている。

2013年より、毎年ピアノリサイタルを開催。

2016年韓国ソウルアートセンター〝芸術の殿堂″で行われた「Asia 国際現代ピアノ音楽祭」にて、日本の作品を演奏。また、ハノイ芸術大学などでの

マスタークラスにて後進のサポートを行なっている。

ピアノを山元眞千子、柳純子、星野美由紀、松本総一郎、牧野縝、ヴァディム・サハロフ、ベンジャミン・ロー、池田洋子、室内楽を松野迅の各氏に師事。

2014 年に CD「P.カザルスへのオマージュ」、2017 年にソロ・アルバム CD「トロイメライ」をリリース。

​現在、演奏活動の傍ら、国立音楽院、エトワールピアノ音楽教室で指導に当たっている。

サポーター関連の情報はこちら

bottom of page